寺社仏閣の元設計士の格闘日記

Filemakerを通してのデータベース作成や伝統建築について少しずつ挑戦していきます。

これは本当にしなければならないのか? そして、僕は何を残すのだろうか?

 初めまして。

今日から少しずつ始めていこうと思います。

 

 元々、大阪で社寺仏閣の設計をしていて東京へ異動した後、身体を壊したり精神を壊したりして、現在は事務職の仕事をしています。

パソコン関係は仕事をしながら覚えたのと、1秒でも早く終わらせたい、という思いから

調べてやってみてダメだったら、別の方法を探して試してみる

を繰り返す内に少しずつ覚えたに過ぎません。

 

 そんな僕が仕事をしながら思った事は

「本当にこの業務は必要なのか」

「何を後輩たちに伝えられるだろうか」

でした。

 

そこで色々と探す中でVBAを覚えて業務効率化をして、1時間掛かっていた業務がものの数分で終わり、大体1週間に4時間程度働けば通常の業務は終わるようになりました。

そこから色々と調べる内にリーディングデータベースの事を知り、また調べます。

MicrosoftさんのAccessを始め使おうかと思っていたのですが、他の方々のものを読んでいて難しそう、と思い至ります。

そういえばーーと昔面白そうな事をやっていたなぁ、と記憶を辿りーーサイボウズさんのキントーンへ辿り着き、調べる中で最小単位があると分かり断念。

他にも使いやすいのは無いのかなぁ、と調べているとFilemakerへ行き着いた訳です。

 

Filemakerで寺社仏閣を有効に活用できないだろうか?

 社内にサーバーがなく、共有のフォルダがあるものの、それは名前と都道府県と宗派のみです。

そこのお寺で何を工事したのか、どのようなものをしているのか、全く分かりません。

「これを整理すればいいんじゃないのか?」

ただ、設計部の人間でなくなっているので、データは入手できません。

「まぁ、いいか。文化財のものを作ろう」

そうして作ったのが

f:id:MFFXbrave:20170613221017p:image

これです。

「何だ、意外に簡単にできるのか。これはなかなか面白い。でも、色々と加えようとすると難しい!」

と、前置き(?)が長くなりましたが、Filemakerに出会い、そいつとの格闘戦を残していきたいと思います。

f:id:MFFXbrave:20170613220942p:image

プロジェクト、サマリータスクとサブタスクで管理表を作ろうか。

色々と初期の初期として繋がりを作ってみましたがーーこれ難しいぞ。

実際に試してみると、各項目の行き来が面倒であり、検索も難解を極めます。

これは実用的でない。

と、いう事でこれの実用化を軸に記していきます。

 

宜しくお願いします。